剥き出しの闘志と新システム。絶望のドルトムントに見えたわずかな希望。香川とロイスのツー・シャドーが機能

DFBポカール2回戦、ドルトムントはアウェイで2部ザンクトパウリと対戦して3-0で勝利。良い形でのゴールを決めることができ切り替えるチャンスとなった。低迷した流れを断ち切ることができるのか。

2014年10月29日(Wed)12時05分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

「近すぎず遠すぎずいい距離感」

剥き出しの闘志と新システム。絶望のドルトムントに見えたわずかな希望。香川とロイスのツー・シャドーが機能
試合で特徴的だったのは、香川とロイスのツー・シャドー【写真:Getty Images】

 絶望の中にわずかな希望が見えた。

 2014年10月28日、ドイツ・カップ2回戦、ドルトムントはアウェイでブンデスリーガ2部のザンクトパウリと戦う。

 ザンクトパウリ戦でのドルトムントの先発メンバーは次のとおり。布陣は4-3-2-1である。

【GK】ランゲラク、【DF】右SBソクラティス、右CBスボティッチ、左CBフンメルス、左SBドゥルム、【MF】ボランチにケール、左インサイドハーフにグロスクロイツ、同じく右にムヒタリヤン、ロイスと香川のツー・シャドー、【FW】インモービレ。香川は先発に名を連ねる。

 香川が「今本当に一歩ずつ修正しながら作り上げていければいい」と言うように、ザンクトパウリを相手にドルトムントは今季初めてと言える4-3-2-1という全く新しい試みを行なう。中でも特徴的だったのは、香川とロイスのツー・シャドーである。

 香川とロイスは「近すぎず遠すぎずいい距離感で」ドルトムントの攻撃の中心となった。2人はポジションチェンジを繰り返し、ときには同サイドでプレーする。チャンスを作り出しながら、また果敢にゴール前へと飛び出した。

 後方にムヒタリヤンとグロスクロイツという、馬力があってドリブルでボールを前に運ぶことの出来る選手が置かれたこともまた、インモービレのワントップと2シャドーをよりゴールに近いところでプレーさせることに成功した。

 33分にその新しい試みは形となる。香川、ロイス、グロスクロイツの3人による精緻なパス交換で左サイドを崩すと、ゴールへと向かった香川にグロスクロイツが折り返す。

 香川が「体勢が悪かったのでなんとか枠に飛ばそうと」したボールをインモービレが押し込んで、ドルトムントが先制に成功する。

1 2 3

新着記事

↑top