UAE戦HT速報。今大会初失点で0-1。逆転へ「スコールズのようなプレーが必要」

日本代表は、アジア杯準々決勝でUAEと対戦。この試合について、イングランド人ライターのショーン・キャロル氏に話を聞いた。

2015年01月23日(Fri)19時21分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

7分にロングパスから失点

日本代表戦ハーフタイム
4試合連続同じスタメンで臨む日本代表【写真:Getty Images】

【日本 0-1 UAE(前半終了) アジア杯準々決勝】

 日本代表は23日、アジア杯準々決勝でUAEと対戦。

 ハビエル・アギーレ監督は、グループステージ3試合に続いてGK川島、DF酒井高、吉田、森重、長友、MF長谷部、遠藤、香川、FW本田、岡崎、乾を起用。

 この選択について、現地で取材するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏は「良い点も悪い点もある」と語った。

 まず、良い点については「継続して一緒にプレーすることで、この11人には良い連係が出来上がっている」とし、悪い点としては「ヨルダン戦から中2日だけに疲労も心配。特に遠藤」と、ヨルダン戦で87分までプレーした34歳のコンディションを不安視した。

 それでも、最初にチャンスを作り出したのは日本。開始早々の2分に乾が左サイドから切り込んで右足で枠内にシュートを放つもGKがセーブ。

 しかし、先制したのはUAE。7分、後方からの縦パスに反応したFWマブフートが右足でシュートを突き刺した。

 この立ち上がりについて、ショーン氏は「疲れがあるかな?」とした上で「それでも、あの失点は絶対ダメ。簡単なロングパスから直接ゴール。CBが集中していなかったとしか言えない」と厳しく指摘。

 また、対戦相手のUAEについては「今までの相手とは違う。ポゼッションをキープできる。前回王者の大本命を相手にしても全くプレッシャーを感じずにプレーできている」と印象を語った。

 とはいえ、「ディフェンスは弱そう。日本は慌てなければチャンスを多く作れると思う」と冷静にプレーできれば逆転のチャンスは十分にあるという。

 そして、得点を奪うためには「FWがマークされているのでクロスだけではよくない。中盤からタイミングをずらして前線に上がるプレーが必要。ポール・スコールズのようにね」と香川や遠藤、長谷部がカギを握る存在であることを示唆した。

 今大会、初の失点を喫した日本。ビハインドで折り返す後半に逆転することが出来るだろうか。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

サッカー監督の生きる道
教訓 ザッケローニからアギーレへ
サッカーを『知らない』日本人

新着記事

↑top