2017年J1在籍選手、通算得点トップ10。1位と2位は同一クラブのFWがランクイン【編集部フォーカス】

2016シーズン、J1通算得点記録が更新された。現在1位の選手はどこまで得点数を伸ばすのだろうか。また彼らに次ぐ選手の追い上げはあるだろうか。今回は、2017シーズンのJ1クラブに所属する選手に絞り、J1通算得点上位10人を列挙する。

2017年02月22日(Wed)11時23分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

10位:いまなお衰えない存在感。常勝鹿島の主将

鹿島アントラーズの小笠原満男
鹿島アントラーズの小笠原満男【写真:Getty Images】

小笠原満男(おがさわら・みつお/鹿島アントラーズ)

【得点記録】
1998年(J:鹿島)5試合出場0得点
1999年(J1:鹿島)15試合出場4得点
2000年(J1:鹿島)28試合出場3得点
2001年(J1:鹿島)24試合出場7得点
2002年(J1:鹿島)27試合出場4得点
2003年(J1:鹿島)27試合出場7得点
2004年(J1:鹿島)28試合出場7得点
2005年(J1:鹿島)30試合出場11得点
2006年(J1:鹿島)20試合出場3得点
2007年(J1:鹿島)14試合出場4得点
2008年(J1:鹿島)24試合出場5得点
2009年(J1:鹿島)32試合出場3得点
2010年(J1:鹿島)33試合出場3得点
2011年(J1:鹿島)31試合出場1得点
2012年(J1:鹿島)31試合出場2得点
2013年(J1:鹿島)33試合出場2得点
2014年(J1:鹿島)33試合出場2得点
2015年(J1:鹿島)29試合出場1得点
2016年(J1:鹿島)30試合出場0得点

J1通算494試合出場69得点

※2006-2007年はメッシーナ(イタリア)に在籍

 鹿島の闘将・小笠原満男は、今シーズンもチームの核として活躍する。最近はスタメン出場しても途中交代を告げられる機会が増えたが、彼がピッチにいることで生まれる好影響は計り知れない。また、小笠原が退いてもチーム力が落ちないほど選手層も暑くなっている。

 永木亮太はチームの中心に成長し、今シーズンはJ屈指のボランチであるレオ・シルバも加わった。ポジション争いは激しくなるが、仮に出場機会が減るとしても再び小笠原の闘志に火がつき、そこからさらなる競争が生まれるはず。誰よりも勝利を欲する男は、今シーズンもチームを鼓舞し、牽引するはずだ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top