人選ズバリのハリル采配。明暗分けた決定力の差。大迫、原口、久保が攻撃の軸に【西部の目】

現地時間3月23日、ロシアワールドカップアジア最終予選UAE対日本の一戦が行われ、アウェイに乗り込んだ日本代表が2-0で勝利を収めた。ハリルホジッチ監督はこれまでの試合から布陣を入れ替えてこの決戦に臨んだが、それが見事に的中。真骨頂ともいえる人選の冴えを見せつけた。(文:西部謙司)

2017年03月24日(Fri)12時06分配信

シリーズ:西部の目
text by 西部謙司 photo Shinya Tanaka
Tags: , , , , , , , , , ,

驚きの川島先発。長谷部の穴を見事に埋めた今野

日本代表のハリルホジッチ監督
日本代表のハリルホジッチ監督【写真:田中伸弥】

 難敵UAEに2-0。久々に招集した今野泰幸が攻守に活躍し、負傷離脱した長谷部誠の穴を見事に埋めた。所属クラブで1試合しかプレーしていない川島永嗣の先発起用は驚きだったが、こちらも前半にあった最大のピンチを救う働き。ハリルホジッチ監督の人選が当たった。

 UAEの攻撃のキーマンであるオマル・アブドゥルラフマンに対しては、対面のSBとMF3人で連係にして監視を怠らず、この試合への綿密な準備がうかがえた。一方、日本の4-3-3はあまり機能していないところもあり、後半立ち上がりにも2つの決定機を与えた。全体にチャンスの数はほぼ同じなので、決定力の差が明暗を分けたといえる。

 今回の予選はこれまでよりも各国の力の差がなくなっている。日本は相手を分析したうえで丁寧に戦っていくのが基本線であり、その意味では良いプレーができた。

 日本の先制点は14分、酒井宏樹から斜めに走り出た久保裕也への縦パスが通り、久保がGKのニアサイドを抜いた。DFの死角から絶妙のタイミングで動いた久保、そこへ酒井が注文どおりのボールを出した。

 酒井はマルセイユでフロリアン・トーバンと右サイドを組んでいる。トーバンがキープして酒井がオーバーラップする形が多いが、酒井のパスでトーバンを使うのも上手くなった。柏レイソルでのレアンドロ・ドミンゲスとのコンビと似ている。代表でも久保とのコンビネーションが確立されてくると面白い。

1 2 3

新着記事

↑top