英国人が見たブラジル戦「3失点でもう終わり」「戦う姿勢見えない」「守備はバラバラ」

日本代表は10日、国際親善試合でブラジル代表と対戦し、1-3で完敗を喫した。この試合中、日本代表やJリーグなどを幅広く取材し、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。

2017年11月11日(Sat)10時00分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

「W杯ではほとんどの選手がトップクラスなので…」

日本代表
日本代表のブラジル戦先発メンバー

ーースタメンが発表されましたね! まず、日本のメンバーを見てどんな印象ですか?

「先発は予想通りだね。ベストメンバーだけど、後半で長澤(和輝)や森岡(亮太)を見たいですね」

ーー注目すべき点はどんなところになるでしょうか?

「まずボールを持っている時はポジティブにプレーしないといけない。攻めなかったら押し込まれると思う。キーマンになるのは大迫(勇也)ですね。チャンスを決めるだけじゃなくて、自分でチャンスを作らないといけない」

ーーマッチアップするのがチアゴ・シウバとジェメルソン。2人ともフランスリーグでもトップクラスのセンターバックなので難しいミッションになりそうですね…。

「だからこそこのようなトップレベルの相手と戦う。W杯ではほとんどの選手がトップクラスなので、その環境に慣れないといけない。もしこのような相手と戦う時に自分のストロングポイントを発揮出来なければW杯でも持ち味を発揮できないと思う」

ーーブラジル代表のスターティングメンバーはチッチ監督が前日の記者会見で予告した通りでした。注目ポイントはどこになりますか?

「サイドバックの攻撃参加ですね。日本はマルセロとダニーロのアタックに注意しないといけない。日本のDFはビビらないでプレーして欲しいね…。日本代表の選手はほとんどヨーロッパでプレーしているのでビビる必要はないと思う。けど、そうなるかもしれない…」

ーーちなみにショーンさんのスコア予想はどんな感じですか?

「難しいね! 0-2か1-3かな…。日本がゴールを奪うために隙があるとすれば、さっき話したサイドバックの背後かな。マルセロとダニーロが上がったら、その裏を狙ったカウンターでチャンスを作れるかもしれないね」

ーー日本がブラジルを相手に決めた最後のゴールは2006年のドイツW杯でした。もう11年も前のことなんですね…。

「先制点だったよね? 僕もそのゴールはよく覚えている。大学生のときで、当時の彼女と一緒にパブへ観に行ったけれど、キックオフには間に合わなかった。到着したら日本が1-0でリードしていてびっくりしたよ(笑)」

1 2 3 4 5

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top