日本代表、FIFAランク60位で変化なし。W杯出場国で下から4番目

2018年05月17日(Thu)17時13分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

20180517_jpn_getty
最新FIFAランキング発表【写真:Getty Images】

 国際サッカー連盟(FIFA)は17日、最新のFIFAランキングを発表した。

 先月、5ランク下げて18年ぶりに60位まで後退した日本代表は、今回も60位をキープしている。

 そのほかにもランキングにほとんど変動はなく、ロシア・ワールドカップで日本代表と対戦する3ヶ国も変化なし。ポーランドが10位、コロンビアが16位、セネガルが28位となっている。

 アジア勢最高位は今回もイランで36位。オーストラリアが40位で続き、3位が日本。すぐ下の61位に韓国となっている。サウジアラビアは3ランク上がって67位となったが、出場32ヶ国で最下位は変わっていない。

 ロシアワールドカップ出場32ヶ国のFIFAランキングは以下のとおり。

1.ドイツ
2.ブラジル
3.ベルギー
4.ポルトガル
5.アルゼンチン
6.スイス
7.フランス
8.スペイン
10.ポーランド
11.ペルー
12.デンマーク
13.イングランド
14.チュニジア
15.メキシコ
16.コロンビア
17.ウルグアイ
18.クロアチア
22.アイスランド
23.スウェーデン
25.コスタリカ
28.セネガル
35.セルビア
36.イラン
40.オーストラリア
42.モロッコ
46.エジプト
47.ナイジェリア
55.パナマ
60.日本
61.韓国
66.ロシア
67.サウジアラビア

【了】

ハリル
ハリル氏「最悪の悪夢」。日本代表監督解任にショック隠せず
ヴァイッド・ハリルホジッチ日本代表前監督は27日、都内で記者会見を行った。
ハリル
ハリル氏、香川と本田に言及? W杯出場決めた豪州戦で出番なしに「2人の選手ががっかりしていた」
ロシアワールドカップ・アジア最終予選について語り始めたハリルホジッチ氏。オーストラリアに勝利し、本大会の出場権を獲得したハリルジャパン。この試合の後について同氏はこう話している。
ハリル
ハリル氏、槙野智章からのメッセージを明かす『JFAの決定に落胆』『コミュニケーションに問題なかった』
『選手たちとの信頼関係の薄れ』が解任の一因となったが、これについてハリルホジッチ氏は疑問を口にした。
ハリル
ハリルホジッチ解任記事まとめ
日本サッカー協会(JFA)は9日、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督解任を発表した。これを受け、報じられたハリル氏や選手の反応をまとめた。

 

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top