長谷部誠「全員がそろう中で結果が出ていない」。“勝ち癖”が必要と強調

2018年05月31日(Thu)5時21分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

長谷部誠
日本代表の長谷部誠【写真:Getty Images】

【日本 0-2 ガーナ キリンチャレンジカップ】

 5月30日に横浜の日産スタジアムでキリンチャレンジカップが行われ、日本代表はガーナ代表と対戦し0-2の敗戦を喫した。試合後、主将の長谷部誠がインタビューに応じている。

 まず最初に「1番は勝ちたかった。そこが一番ネガティブかな」と語り、敗れた悔しさをのぞかせた。その一方で「もちろん負けた時に冷静に試合をふりかえらないといけないと思うので。そういう意味では良かったところもたくさんあったと思う。逆に新しいことをした中でもっとこうしないといけないというところもたくさん出てきた。本当に非常にこういうゲームの後になんといえばいいのか分からないけど、そんなに悪い感覚は正直持っていないですね」と試合を振り返り、ポジティブな点もいくつかあったことを明かしている。

 失点場面については「1点目ももちろんそうですし、2点目も、ああいうところは一つのミスではなくて、最初は相手のゴールキックかなんかを競り負けて、簡単に前を向かれて。映像をみましたたけど、後ろはかなり数的優位になっていた中で、ボールを出した選手に誰もいけなくて。裏に出される時には、もうフリーだったのでセンターバックのぼくも麻也もラインを下げた。対応的にはそこは良かったと思うけど、出たところのボールの処理というところで、僕のところでまずクリアできたと思うし。それと、あそこはGKが出るべきなのか出ないべきなのか、人数は足りていたので」と反省。

「本当に小さなミスっていうのは、ワールドカップにいったらより大きな結果につながってしまうので。こういう試合でも実際にこういう結果につながっているので。実際にワールドカップ決まってから、全員がそろう中で結果が出ていない。それがやっぱり、勝ち癖、勝ち癖というか勝つことによって自信が生まれてくるのが間違いなくある。今日の負け、ああいう小さなミスが連続してああいう失点につながる。もちろん突き詰めていかないといけないところだと思います」と、コメントしている。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

【了】

ハリル
ハリル氏「最悪の悪夢」。日本代表監督解任にショック隠せず
ヴァイッド・ハリルホジッチ日本代表前監督は27日、都内で記者会見を行った。
ハリル
ハリル氏、香川と本田に言及? W杯出場決めた豪州戦で出番なしに「2人の選手ががっかりしていた」
ロシアワールドカップ・アジア最終予選について語り始めたハリルホジッチ氏。オーストラリアに勝利し、本大会の出場権を獲得したハリルジャパン。この試合の後について同氏はこう話している。
ハリル
ハリル氏、槙野智章からのメッセージを明かす『JFAの決定に落胆』『コミュニケーションに問題なかった』
『選手たちとの信頼関係の薄れ』が解任の一因となったが、これについてハリルホジッチ氏は疑問を口にした。
ハリル
ハリルホジッチ解任記事まとめ
日本サッカー協会(JFA)は9日、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督解任を発表した。これを受け、報じられたハリル氏や選手の反応をまとめた。

 

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top