マリノスはなぜ「完敗」を繰り返してしまうのか。セレッソ戦で顔を出した慢心、貫くべきこだわり

2019年05月16日(Thu)11時00分配信

text by 舩木渉 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

人もボールも動かせず…

 実際、マリノスが本来武器にしているテンポの良い組み立てや崩しはことごとく封じられた。例えばセンターバックを起点に、中盤のアンカーや内寄りにポジションを取るサイドバックが関与しながらパスを出し入れし、相手を引きつけたところで危険なスペースに入り込んだインサイドハーフに預けたり、サイドに張ったウィングに仕掛けさせたりする定番の流れに持ち込むことができなかった。

 マリノスの左サイドバックに入っていた和田拓也は「相手がかなり中を締めていたので、後ろが外に押し出される感じになって、前と後ろ(の距離)が長くなってしまった。(サイドバックが中に入っていくスペースがなくて)ちょっと下がっちゃうとか、外に開いちゃうとかもあって、それはセレッソもかなり意識して対応してきたと思います」

 いつもなら選手間の距離を近くしてパス交換をしていると、相手の選手が前に出て潰しにくる。それによって相手の中盤の背後にできるスペースや、組織としてのバランスが崩れたところに入り込んでボールを前進させていける。

 だが、この日のセレッソは全く動じなかった。ボールを失うと全員で自陣に退き、縦にも横にもコンパクトなブロックを形成する。とはいえ、ただマリノスの前進を許すのではなく、危険なエリアに入る手前でパスを受けた選手には複数人で囲い込むようにプレスをかけ、そこでボールを奪った瞬間に切り替えてカウンターへ。桜色のユニフォームをまとった前線の選手はマリノスの浅いディフェンスラインの裏に猛然と駆け出し、それに呼応するように後ろの選手たちもサイドバックの裏(センターバックの外側)を狙ったロングボールとスプリントで続く。この流れが繰り返された。

 ボールも人も動かせないことで、マリノスの全体に違和感が広がっていく。相手2トップと対峙する2人のセンターバックをアンカーの喜田拓也が下りてサポートして3対2を作る。ただ、ここでサイドバックが中央に入ってくるスペースがない。

 そうなるとインサイドハーフの天野純や三好康児もパスを受けるためにポジションを下げるが、いざボールをもらって前を向いてもFWやウィングへの距離が遠く、孤立してしまう。近距離のトライアングルを連続して作り出し、常に複数のパスコースを設けながら前進していく攻撃の流れは寸断されてしまった。うまくいかない時間が続き、チーム全体の動きや思考は硬直していく。

 開始2分で先制ゴールを奪っていたセレッソにとっては願ってもない展開。奥埜は「相手のボール回しを見て、アンカーの選手が結構後ろに下がり気味でボールを回していたので、そうなればFW2枚で見て、(アンカーが)高い位置を取れば僕が出てという形でやろうとはしていました」と、守備対応の原則について明かす。

 この形がハマっていたからこそ、畠中の言う「後ろに人数が増えてしまったりとか、幅を使って攻めようとすると逆にそれで1人ひとりの距離が広がって、孤立するようなシーン」が発生してしまった。和田も「前半はかなり相手に釘付けにされちゃったというか、みんな立ち位置があまり変わらなかった」と“いつも通り”の自分たちのサッカーができなかったことを悔やむ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top