マリノスはなぜ「完敗」を繰り返してしまうのか。セレッソ戦で顔を出した慢心、貫くべきこだわり

2019年05月16日(Thu)11時00分配信

text by 舩木渉 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

「ちょっと悔しすぎる敗戦」(畠中)

ポステコグルー
横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督【写真:Getty Images】

「別に相手のやり方なんでどうのこうのというのはないですけど、そういう(対策を講じてくる)相手に対して自分たちがどうポジション取りを変えていくかというのも全然できなかったですし、いつもみたいに相手を遅らせることもできなかったし、本当に効果的なところにボールを入れられなかったので、それが悔しかったです。そこ(対策を上回れないこと)がまだ弱さだと思うし、逆に言ったらそこを乗り越えなきゃいけないという、1つの課題なのかもしれないし……そうですね……ちょっと悔しすぎる敗戦ですね」

 畠中は嚙みしめるように言葉を絞り出した。マリノスのアタッキング・フットボールには、多くのチームが様々な策を用いて対抗してくる。大分トリニータはビルドアップの起点を潰しながら各個撃破の形を作ってきたし、北海道コンサドーレ札幌は試合中にシステムを変更しながら柔軟に戦ってきた。この2試合で痛い目にあって、迎えたのが今回のセレッソ戦だった。

 今季のリーグ戦での敗戦は、いずれもそういった明確な策を持った相手に封じ込められて完敗というケースばかりだ。だからこそ今後は「考え方としては簡単な、楽なゲームだった」と言われないよう、常に「自分たちのやるべきこと」を表現できるように、信じて日々の練習から突き詰めていくしかない。マリノスが歩むのは慢心や妥協など一切許されない険しい道であり、もうその方向へと舵を切ってしまったのだから。

(取材・文:舩木渉、データ提供:Wyscout)

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

FChan TV

↑top