首位FC東京、C大阪に3-0快勝で再び抜け出す。追う横浜FM、鹿島は敗戦

2019年08月03日(Sat)21時03分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

FC東京
FC東京【写真:Getty Images】

 明治安田生命J1リーグ第21節の試合が各地で開催されている。3日には19時キックオフのナイトゲームで5試合が行われた。

 首位に立つFC東京はホームでセレッソ大阪と対戦。0-0で前半を折り返したあと、後半立ち上がりの47分に永井謙佑のヘディング弾で先制点を奪った。さらに68分に森重真人が追加点。アディショナルタイムの92分にもディエゴ・オリヴェイラが得点ランク首位に並ぶ11点目を決め、FC東京が3-0で快勝している。

 2位の横浜F・マリノスはホームでのベガルタ仙台戦。50分にスルーパスを受けて抜け出した西澤健太が1点を奪い、アウェイの清水が1-0で勝利を収めた。横浜FMは今季ホームでの初黒星。

 3位の鹿島アントラーズはアウェイで湘南ベルマーレと対戦。前半を両チーム無得点で終えたあと、49分に山﨑凌吾、52分に野田隆之介が立て続けに決めて湘南が2点を先行する。鹿島も61分にセルジーニョ、72分に伊藤翔が決めて追いついたが、終了間際の96分に坂圭祐が値千金の決勝点を奪い、湘南が3-2で鹿島を振り切った。

 5位サンフレッチェ広島と8位北海道コンサドーレ札幌の対戦は49分、稲垣祥のゴールでホームの広島が先制。この1点が決勝点となり、広島が1-0の勝利で試合を終えている。

 ベガルタ仙台とジュビロ磐田の対戦は4分に関口訓充、8分に道渕諒平がゴールを奪い、ホームチームが序盤から2点をリード。磐田も今野泰幸の移籍後初ゴールで32分に1点を返したが、そのままスコアは動かず2-1で仙台の勝利に終わった。

 この結果、FC東京は2位横浜FMとの差を6ポイント、4位に後退した鹿島との差を7ポイントに広げた。4日に試合を行う3位川崎フロンターレの結果次第ではFC東京が大きく抜け出した形となる。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top