ガンバ大阪、歴代ガッカリ外国籍選手5人。天使の足を持つブラジル代表、南米最高のSB、韓国リーグ新人王も活躍できず

1993年の開幕から28年目を迎えたJリーグでは、数多くの外国籍選手がプレーしてきた。活躍した選手もいる中で、期待を大きく裏切って帰っていった選手も少なくない。今回フットボールチャンネル編集部では、ガンバ大阪で活躍できなかった外国籍選手を5人紹介する。※年齢は加入時、成績はG大阪在籍時のもの。

2020年05月19日(Tue)7時15分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

天使の足

0519Gamba2002
2002年7月24日、サンフレッチェ広島戦の先発メンバー

マルセリーニョ(ブラジル代表)
生年月日:1971年2月1日(30歳)
在籍期間:2002年
Jリーグ成績:21試合出場3得点


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 フラメンゴやコリンチャンスで活躍し、ブラジル代表としてもプレーしたマルセリーニョは、2002年にガンバ大阪に加入した。抜群の精度を誇った右足のキックは「天使の足」と呼ばれ、のちにブラジル代表でFKの名手として活躍するダビド・ルイスやウィリアンもお手本にしたと言われている。

 1stステージでは主力を務め、7月24日のサンフレッチェ広島戦で待望の初ゴールが生まれた。しかし、2ndステージは先発出場が3試合のみに終わり、1年限りで退団となっている。

●2002年7月24日、サンフレッチェ広島戦の先発メンバー

▽GK
都築龍太

▽DF
山口智
宮本恒靖
木場昌雄

▽MF
森岡茂
遠藤保仁
ファビーニョ
新井場徹
マルセリーニョ

▽FW
吉原宏太
マグロン

【次ページ】南米最高のSB

1 2 3 4 5

新着記事

↑top