ブラジル代表、歴代センターバックの系譜。強靭さに狡猾さ…欧州でも輝いた王国のリーダーたち

ブラジル代表のディフェンスラインには常に屈強なリーダーたちが君臨してきた。彼らには強靭な肉体の他にも優れた頭脳、王国出身らしいテクニック、そして狡猾さなど様々な武器があった。直近のワールドカップ5大会でカナリア軍団のゴール前に立ちはだかったセンターバックたちの系譜を振り返る。(2020年6月掲載の記事を再編集したものです)

2020年06月02日(Tue)7時15分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

日韓ワールドカップ(2002)

20200602_brazilcb2002_getty
左からホッキ・ジュニオール、エジミウソン、ルシオ【写真:Getty Images】



ルシオ(レバークーゼン)
生年月日:1978年5月8日(当時24歳)
個人成績:7試合出場/0得点0アシスト

3バックの右ストッパーとしてブラジル代表の最終ラインを力強く支えた。準々決勝のイングランド代表戦ではゴール前でロングボールの処理を誤ってマイケル・オーウェンにネットを揺らされてしまったが、それ以外に大きな破綻はなし。退場や警告もなく、グループリーグ初戦から決勝まで全7試合に出場した。

【次ページ】エジミウソン

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

新着記事

↑top