コートジボワール代表って誰がいるの? 現在の主力、フォーメーションは? 攻撃陣は超強力、新体制で19歳の逸材も台頭

コートジボワール代表は現地13日に、オランダで日本代表との国際親善試合に臨む。今年3月に就任したばかりのパトリス・ボーメル監督にとっては、新体制2試合目のテストの場だ。アフリカ屈指のタレント軍団には3-4-3が導入され、チームは新たな一歩を踏み出そうとしている。そんなコートジボワール代表の現在の主力メンバーをポジションごとに紹介していく(成績は2020年10月12日時点)。

2020年10月13日(Tue)6時10分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

GK

シルヴァン・グボウオ
【写真:Getty Images】

シルヴァン・グボウオ(TPマゼンベ/DRコンゴ1部)
生年月日:1988年10月29日(31歳)
コートジボワール代表成績:47試合出場/34失点


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 FIFAクラブワールドカップにも出場したことのあるアフリカ屈指の強豪TPマゼンベで長くプレーしてきた守護神だ。国内リーグでの成績など不明な点は多いが、コートジボワール代表では屈指の実績を誇る重鎮としてゴールマウスに君臨する。

 ピッチの上をホバーして滑るような独特の細かいステップを踏むなど、欧州基準とは異なるセオリーに基づくプレーが特徴的。ダイナミックで野性味溢れるシュートセービングのほか、ペナルティエリアの外までカバーできる守備範囲の広さ、五分五分のボールでも躊躇なく飛び込んでいく勇敢さなども備えている。

【次ページ】DF

1 2 3 4 5

新着記事

↑top