最高額の日本人は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング6~10位。J1未経験から欧州CLにたどり着いた男の順位は?

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高い日本人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングを紹介する。※成績は12月14日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

2020年12月15日(Tue)6時10分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

10位:横須賀が生んだ韋駄天

1215ItoJunya_getty
【写真:Getty Images】

FW:伊東純也(日本代表/ヘンク)
生年月日:1993年3月9日(27歳)
市場価値:400万ユーロ(約4.8億円)
今季リーグ戦成績:15試合出場/4得点6アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 伊東純也は日本代表で久保建英や堂安律と右サイドハーフのポジションを争う。所属するベルギーのヘンクで今季はすでに4得点6アシストをマークし、昨季の5得点7アシストに早くも並ぼうとしている。

 神奈川県横須賀市で生まれ育った伊東は、Jクラブのユースとは無縁の経歴を持つ。中学までは地元のクラブチームでプレーし、県立逗葉高校、神奈川大学に進んだ。大学卒業後に正式加入したヴァンフォーレ甲府でJリーグデビューを果たすと、翌年には柏レイソルに移籍。プロ3年目の2017年にはJリーグ優秀選手賞を受賞し、東アジアE-1選手権で日本代表デビューを飾っている。

 スピードを活かしたドリブル突破やDFラインの裏を抜けるプレーが特徴。柏時代にはサイドバックでプレーした経験もあって守備への意識は元来高いが、身体能力の高い選手が多いベルギーで対人守備にも磨きをかけている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top