最高額のJリーガーは誰だ? サッカー選手市場価値ランキング11~15位。J1王者フロンターレ勢が続々

2020年12月29日(Tue)6時20分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

12位:FC東京の突撃隊長

ディエゴ・オリヴェイラ
【写真:Getty Images】

FW:ディエゴ・オリヴェイラ(FC東京/ブラジル出身)
生年月日:1990年6月22日(30歳)
市場価値:170万ユーロ(約2億400万円)
今季リーグ戦成績:28試合出場/9得点1アシスト

 FC東京の前線をけん引する重戦車型ストライカーは、今季もどの対戦相手からも恐れられる存在であり続けた。胸を張ってゴールに向かっていくスピードと迫力は圧巻で、寄せてくるディフェンスを弾き飛ばしながら突進していく。

 リーグ戦のゴール数は一昨季の「13」や昨季の「14」から減って、今季は「9」だったが、影響力や存在感は薄れない。ただゴールを決めるだけでなく、守備にも献身的で前線からのプレッシングも怠らない。

 本人も「自分のゴールよりチームの勝利」を公言しており、その貢献度の高さから今季はJリーグ優秀選手33人のうちの1人にも選ばれた。ACLで上海申花の選手から危険なタックルを受けて負傷してしまったが、もし健康体のディエゴ・オリヴェイラが決勝トーナメント以降もプレーできればFC東京はベスト8以上の舞台に進出できていたはずだ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top