最高額の日本人は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング26~30位。欧州組の有望株たちが食い込む

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高い日本人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングを紹介する。※成績は12月30日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

2020年12月31日(Thu)6時20分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

A代表デビューで波に乗る男

20201231_japan_26to30_getty
【写真:Getty Images】

 オランダ1部のAZアルクマールでプレーしている菅原由勢は、2020年10月に日本代表デビューを飾った。さらに12月に入ってからはクラブでリーグ戦5試合連続先発、今季初ゴールと勢いに乗っている。欧州カップ戦の舞台でも経験値を積み重ね、オランダ移籍直前からの約1年半で市場価値は7倍以上に跳ね上がった。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

30位:興梠慎三(FW/浦和レッズ)

生年月日:1986年7月31日(34歳)
市場価値:160万ユーロ(約1億9200万円)
今季リーグ戦成績:30試合出場/10得点0アシスト

29位:鈴木優磨(FW/シント=トロイデンVV[ベルギー])

生年月日:1996年4月26日(24歳)
市場価値:170万ユーロ(約2億400万円)
今季リーグ戦成績:18試合出場/7得点2アシスト

28位:小林悠(FW/川崎フロンターレ)

生年月日:1987年9月23日(33歳)
市場価値:170万ユーロ(約2億400万円)
今季リーグ戦成績:27試合出場/14得点4アシスト

27位:菅原由勢(DF/AZアルクマール[オランダ])

生年月日:2000年6月28日(20歳)
市場価値:180万ユーロ(約2億1600万円)
今季リーグ戦成績:9試合出場/1得点1アシスト

26位:谷口彰悟(DF/川崎フロンターレ)

生年月日:1991年7月15日(29歳)
市場価値:180万ユーロ(約2億1600万円)
今季リーグ戦成績:30試合出場/3得点1アシスト

【了】

新着記事

↑top