Jクラブも獲得可能? 現在フリーの名手5人(3)。Jリーグ経験のある実績十分なブラジル人選手たち

明治安田生命Jリーグは2020年シーズンが終わり、来月下旬の新シーズン開幕を前につかの間のオフを過ごしている。年明けとともに欧州各リーグの移籍市場が開く一方で、Jリーグの各クラブも新加入選手の獲得を着々と進めている。今回フットボールチャンネル編集部では、Jリーグのクラブも獲得可能な所属クラブが決まっていない選手5人をピックアップした(1月3日時点でフリーの選手が対象、市場価格は『Transfermarkt』を参照)。

2021年01月04日(Mon)6時20分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

フロンターレ優勝の立役者

エドゥアルド・ネット
【写真:Getty Images】

MF:エドゥアルド・ネット(ブラジル)
生年月日:1988年10月24日(32歳)
市場価値:40万ユーロ(約4800万円)
最終所属:名古屋グランパス(日本)
2020リーグ戦成績:なし


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 川崎フロンターレで2017年にJ1優勝を経験した実績を持つセントラルMFで、翌年6月に名古屋グランパスへ移籍。しかし、2019年は負傷の影響もあってリーグ戦16試合出場と低調だった。すると翌シーズンに向けた契約交渉は難航し、2020年2月に双方合意のもとで名古屋との契約解除が発表された。

 2020年は所属クラブのない状態が続き、現在に至っても新天地は見つかっていない。負傷歴があり今年で33歳という年齢もネックではあるが、左足から繰り出す高精度のパスとゲームメイク力はJリーグファンなら誰もが知るところ。フロンターレで躍動していた頃の輝きを取り戻せれば、大きな戦力になるのは間違いない。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top