フットボールチャンネル

Jリーグ 3年前

鹿島アントラーズ、期待の新戦力5人。アルゼンチンの名将が惚れた万能MFに注目、高卒テクニシャンはブレイクなるか

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

得点もアシストも期待できるアタッカー

アルトゥール・カイキ
【写真:Getty Images】

MF:アルトゥール・カイキ(ブラジル出身/背番号17)
生年月日:1992年6月15日(28歳)
前所属:アル・シャバブ(サウジアラビア)
2021リーグ戦成績:25試合出場/4得点1アシスト(クルゼイロ)

 サントスからやって来たディエゴ・ピトゥカと同い年のブラジル人アタッカーだ。イラチSCでキャリアをスタートさせ、その後は母国の複数クラブやエジプト、サウジアラビアでもプレー。昨年は、2019年に創設98年目で初めて2部降格を味わった名門クルゼイロに期限付きで加入していた。

 元ブラジル代表指揮官ルイス・フェリペ・スコラーリ監督の下でもプレーした28歳は、身長174cmと小柄な選手。派手なドリブルを駆使するタイプではないが、相手DFとの駆け引きを制して得点を奪う能力に長けている。またキック精度にも優れているため、アシストの量産も期待できそうだ。

 メインポジションは左サイドハーフ。そのため、鹿島アントラーズでは土居聖真と定位置を争うことになりそうだ。また、アトレチコ・ゴイアニエンセ在籍時にはセンターフォワードも務めていたため、場合によっては2トップの一角としても起用できるだろう。常勝軍団で爆発なるか。

1 2 3 4 5

KANZENからのお知らせ

scroll top