サンフレッチェ広島、期待の新戦力5人。Mr.理不尽! 目玉はマリノスで爆発したFW

明治安田生命Jリーグの各クラブは、2021シーズンの開幕に向けて準備を進めている。昨季のリーグ戦を8位で終えたサンフレッチェ広島は、5人の新加入選手を迎えた。フットボールチャンネルでは、新天地での活躍が期待される5人を紹介する。

2021年02月15日(Mon)6時10分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

山梨育ちのセンターバック

今津佑太
【写真:Getty Images】

DF:今津佑太(いまづ・ゆうた/背番号33)
生年月日:1995年7月8日(25歳)
前所属: ヴァンフォーレ甲府
2020リーグ戦成績:36試合出場/2得点0アシスト


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 山梨県南アルプス市出身で、中学時代までは県内でプレー。流通経済大学付属柏高校に進学し、流通経済大学を経て、故郷の山梨県でプロになった。負傷などの影響によりプロ入り内定をもらうのが遅く、大学卒業直前だった2018年のプレシーズンキャンプに参加してヴァンフォーレ甲府に加入することが決まった。

 1年目からJ2でリーグ戦24試合に出場したものの、2年目はわずか5試合。3年目の2020年に36試合出場2得点と安定した成績を残し、サンフレッチェ広島移籍を勝ち取った。浮き沈みの大きい3年間を過ごしてきたが、努力が実って自身初のJ1参戦のチャンスをつかんでいる。

 広島では野上結貴、荒木隼人、佐々木翔という3人が不動のディフェンスラインを形成している。新シーズンに向けて4バックをテストしているという報道もあるが、新加入の今津はまず実績豊富な彼らとのポジション争いに挑んでセンターバックでの定位置獲得を目指すことになる。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top