横浜F・マリノス、最強の日本人スコアラーは誰だ!? 歴代日本人得点ランキング1~5位。トップはレジェンド中村俊輔。坂田大輔は何位?

2021年05月23日(Sun)8時00分配信

シリーズ:Jリーグ歴代日本人得点ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

4位:日本人得点王になった長身FW

大島秀夫
【写真:Getty Images】

大島秀夫
生年月日:1980年3月7日
Jリーグ通算成績:112試合/34得点
在籍時期:2005-08

 2005年から4シーズンにわたって所属した大島秀夫は、112試合に出て34ゴールを挙げた。

 1998年に前橋育英高校から横浜フリューゲルスに加入した大島は、プロ1年目でまずまずのスタートを切る。しかし、クラブの吸収合併に伴い、京都へ移籍すると苦戦。2シーズンほとんど出番なしで、得点もゼロだった。

 それでもJ2山形でコンスタントに出場。2004年に22ゴールの大暴れを見せると、2005年にマリノスに加入。2007年は14ゴールを決めた。これはこのシーズンの得点ランキングで7位タイの数字。1位から6位が全てブラジル人選手だったため、日本人選手ではヴィッセル神戸の大久保嘉人と並んでトップタイだった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top