マリノスが清水エスパルスとの接戦に勝利。選手交代的中で最後にこじ開ける【J1第17節結果】

2021年05月30日(Sun)15時00分配信


Tags: , , , , , , , , , ,

横浜F・マリノス
横浜F・マリノス


【横浜F・マリノス 2-1 清水エスパルス J1第17節】

 明治安田生命J1リーグ第17節の横浜F・マリノス対清水エスパルス戦が30日に行われ、ホームの横浜FMが2-1で勝利を収めた。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 横浜FMは上位3チームより多く試合を残しながらも4位に位置し、ACL圏内への浮上を目指す。清水は前節10試合ぶりとなる待望の白星を挙げたが、降格圏から遠ざかるためさらに勝ち点を重ねていきたいところだった。

 前半4分には早くも試合が動く。ティーラトンのスルーパスで左サイドの深い位置へ抜け出した前田大然がGKとディフェンスラインの間へクロスを送り込むと、ファーサイドで合わせたエウベルが右足ボレーでゴールに叩き込んで横浜FMが先制した。

 だがボールを支配しながらも追加点を奪えない横浜FMに対し、清水も前半終了前に反撃。41分、カウンターからエウシーニョが右サイドを突破してクロスを入れ、チアゴ・サンタナが中央で合わせる。一旦はGK高丘陽平に止められたが、こぼれ球を押し込んで1-1とした。

 後半は引き続き横浜FMがボールを持ちながらもスコアは動かず、こう着状態が続く。だが終盤に攻撃的な選手を次々と投入して打開を図ると、89分にはついにこじ開けることに成功した。

 交代出場の水沼宏太がエリア右でボールを受けてゴール前へ低いクロスを入れ、最後に合わせたのは同じく交代出場のレオ・セアラ。清水を2-1で振り切った横浜FMが2連勝を飾った。

【得点者】
4分 1-0 エウベル(横浜FM)
41分 1-1 チアゴ・サンタナ(清水)
89分 2-1 レオ・セアラ(横浜FM)

【了】

新着記事

↑top