DF

吉田麻也
【写真:Getty Images】



・ミャンマー戦:吉田麻也(46分OUT)、酒井宏樹(46分OUT)、長友佑都(フル出場)、植田直通(46分IN)、室屋成(46分IN)

 カタールワールドカップ・アジア最終予選行きが懸かったミャンマー代表戦では吉田麻也、酒井宏樹、長友佑都のベテランが揃って先発。全体的に守備の時間は多くなかったが、彼らは最後まで集中を切らさず、攻撃面でも存在感を放っていた。また、この試合では植田直通と室屋成が後半から出場。前者はビルドアップ面でやや精度を欠いたが対人戦でさすがの強さを示し、後者は2アシストを記録している。大きな問題なく試合に入れていたと言えるだろう。

・U-24日本代表戦:植田直通(フル出場)、谷口彰悟(フル出場)、長友佑都(46分OUT)、小川諒也(46分IN)室屋成(80分OUT)、昌子源(71分IN)、山根視来(80分IN)

 吉田麻也や酒井宏樹不在で臨んだU-24日本代表戦では室屋成、植田直通、谷口彰悟、長友佑都の4人が最終ラインで先発。注目は約3年半ぶりに代表復帰した谷口だったが、守備では大きなエラーを起こすことなく、ビルドアップではさすがのクオリティーを発揮。終盤には中盤底で柔軟にプレーするなど良い印象を残した。そして、室屋、植田、長友の「常連組」も“後輩”に仕事を与えなかった。また、小川諒也は出場から間もなくしてアシストを記録、昌子源は押される状況の中で粘り強く戦いクリーンシートに貢献するなど、途中出場組もしっかりと仕事を果たした。

・タジキスタン戦:山根視来(フル出場)、中谷進之介(フル出場)、昌子源(フル出場)、佐々木翔(62分OUT)、小川諒也(62分IN)、谷口彰悟(74分IN)

 いわゆる「消化試合」となったタジキスタン代表戦では、山根視来、中谷進之介、昌子源、佐々木翔のJリーグ組が最終ラインに並んだ。その中でポジティブな印象を与えていたのが山根と中谷。前者は失点の場面で相手に競り負けるも、攻撃面では3得点に関与。後者は終始落ち着いたプレーを披露した。また、谷口彰悟はこの試合でも中盤起用。時間は短かったが冷静にプレーした。一方で低評価となったのは昌子と佐々木。昌子は中途半端なクリアが失点の原因になるなど一つひとつのプレー精度を欠き、佐々木に関してはもはやなんのメリットも提供できていなかった。その佐々木に代わり出場した小川も好印象を残せず。改めて、長友佑都の後継者問題の深刻さ、そして吉田麻也と冨安健洋の安定感がどれほど凄いかがわかる試合になったと言えるだろう。

・DF中間査定

 最終ラインは吉田麻也、酒井宏樹、また今回A代表での出場はなかったが冨安健洋が不動という点に変わりはない。長友佑都はさすがに数年前ほどの存在感はないが、佐々木翔や小川諒也と比べるとまだ左サイドバックのファーストチョイスと言える。また、山根視来や谷口彰悟、中谷進之介が2番手に割り込める可能性は決してゼロではないだろう。

A評価:吉田麻也、酒井宏樹
B評価:長友佑都、植田直通、谷口彰悟、室屋成、中谷進之介、山根視来
C評価:佐々木翔、昌子源、小川諒也

【次ページ】MF

1 2 3 4

新着記事

↑top