鹿島アントラーズ、最強の日本人スコアラーは誰だ!? 歴代日本人得点ランキング1~5位。レジェンド小笠原満男は3位、柳沢敦は2位。首位は…?

2021年06月19日(Sat)8時00分配信

シリーズ:Jリーグ歴代日本人得点ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

1位:空中戦を武器にゴールを量産したレジェンド

長谷川祥之
【写真:Getty Images】



長谷川祥之
生年月日:1969年2月11日
Jリーグ通算成績:261試合/89得点
在籍時期:1992-2003

 鹿島アントラーズの歴代最多得点選手は、本田技研工業時代から所属している長谷川祥之だ。Jリーグで261試合に出場し、89得点を記録した。

 身長179cmの長谷川は、身長が際立って高いわけではないが、空中戦が最大の武器。ヘディングでゴールを量産したほか、最前線のターゲットマンとしてもアントラーズの攻撃を活性化した。

 1994年シーズンはJリーグで21得点を記録。得点ランキングで7位に入った。日本人ではヴェルディ川崎の武田修宏に次ぐ2位となっている。

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top