鹿島アントラーズ、最強の日本人スコアラーは誰だ!? 歴代日本人得点ランキング1~5位。レジェンド小笠原満男は3位、柳沢敦は2位。首位は…?

2021年06月19日(Sat)8時00分配信

シリーズ:Jリーグ歴代日本人得点ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

29年目を迎えたJリーグでは、これまでに数多くの選手がゴールを決めてきた。鹿島アントラーズでも、数多くのゴールが生まれ、クラブの歴史を刻んできている。今回は、鹿島アントラーズでプレーした日本人選手の中から、所属時の得点ランキングを紹介する。※成績はJリーグ通算

5位:Jリーグ3連覇に貢献

興梠慎三
【写真:Getty Images】

興梠慎三
生年月日:1986年7月31日
Jリーグ通算成績:192試合/49得点
在籍時期:2005-12


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 2005年から12年にかけて所属した興梠慎三が、49得点で5位となった。

 興梠は2005年に鵬翔高校からアントラーズに加入。初ゴールまでは比較的時間がかかり、2007年の第14節・大分トリニータ戦で待望の瞬間を迎えた。このシーズンに6ゴールを記録すると、2008年からは柳沢敦がつけていた13番を継承。定位置をつかみ、ゴールを量産した。

 2009年の興梠は、アントラーズでの自身最多となるシーズン12ゴールを記録。クラブのJリーグ3連覇に大きく貢献した。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top