鈴木、食野、遠藤
【写真:Getty Images】



 日本サッカー協会(JFA)は22日、東京五輪に臨むU-24日本代表メンバー18名を発表した。6月に行われた国際親善試合の2試合で招集されたメンバーからは、追加招集を含めると10名が落選した。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2枠のGKで選外となったのは沖悠哉と鈴木彩艶。バックアップメンバーに選ばれた鈴木は、浦和レッズで西川周作からポジションを奪い注目を集め前回の代表戦で招集された。逆転での代表入りも考えられたが、選外となった。だが、バックアップメンバーとして経験を積めることは大きい。次のパリ大会への出場を期待したい。

 オーバーエイジ(OA:25歳以上)が入り、熾烈となったDF争いではバックアップメンバーの町田浩樹と瀬古歩夢に加え、古賀太陽と菅原由勢も落選。吉田麻也と冨安健洋、さらには酒井宏樹とA代表の主力が入ってきたことにより、より厳しい状況に立たされ落選した選手が多い。最後の代表戦でアピールすることができなかった、もしくは時間が少なかった。

 MFでは遠藤渓太と食野亮太郎だ。遠藤の主戦場である左サイドのポジションは実力者ぞろい。日本代表戦の45分だけでは、ゴールを決めてアピールに成功した相馬勇紀や三笘薫よりも評価を上げることができなかった。ユーティリティ性のある食野亮太郎も前回の代表戦でアピール時間が少なく、メンバー入りとはならなかった。

 上田綺世以外はほぼ横一線状態となり注目されたFWでは、田川亨介と林大地が落選となった。田川は日本代表戦では先発したが、U-24ガーナ代表とジャマイカ代表戦はベンチ外。ゴールという形でアピールできなかったのが痛かった。バックアップメンバーの林はJリーグで調子を上げ、滑り込みでの代表入りも期待されたが選外。3月のU-24アルゼンチン代表戦でのゴールだけでは、アピールが足りなかったのかもしれない。6月の代表戦に招集され、東京五輪メンバーから落選した選手は以下の通り。

▽GK
沖悠哉(鹿島アントラーズ)
鈴木彩艶(浦和レッズ)※バックアップメンバー

▽DF
町田浩樹(鹿島アントラーズ)※バックアップメンバー
古賀太陽(柏レイソル)
瀬古歩夢(セレッソ大阪)※バックアップメンバー
菅原由勢(AZ / オランダ)

▽MF
遠藤渓太(ウニオン・ベルリン / ドイツ)
食野亮太郎(リオ・アヴェ / ポルトガル)

▽FW
田川亨介(FC東京)
林大地(サガン鳥栖)※バックアップメンバー

【了】

新着記事

↑top