英国人が見たU-24日本代表対ニュージーランド戦。「Yeeeeeessssss!!」「マヤ、お願い! やった!」【東京五輪】

2021年07月31日(Sat)23時01分配信

text by 編集部 photo JMPA
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

U-24日本代表は31日、東京五輪(東京オリンピック)男子サッカー・準々決勝でU-24ニュージーランド代表と対戦。試合は0-0のまま延長戦を含めた120分を終え、PK戦の末にU-24日本代表が準決勝進出を決めている。この試合中、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)

「谷晃生は今日も自信満々」

U-24日本代表
【写真:Getty Images】



――今日もよろしくお願いします。酒井宏樹が累積警告により出場停止となったので、右サイドバックには橋岡大樹が起用されました。

「橋岡も旗手怜央も攻撃的なので、積極的に参加していくと思う。守備的なニュージーランドに対して、サイドバックの上がりが重要だと思う。オーバーラップは武器になる」

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


――一方でニュージーランドの攻撃にも気を付けないといけないですね。オーバーエイジのクリス・ウッドは過去の日本代表戦2試合で3得点を決めています。

「でも、吉田麻也と冨安健洋は欧州のストライカーとの対峙になれているから、対応できると思う。間違いなくいい戦いになりそうだね」

――立ち上がりから激しいですね。橋岡大樹とリベラト・カカーチェが空中戦で激しい競り合いを見せました。

「いきなりチームメイトとぶつかったね。このバトルは気になります」

「谷晃生は今日も自信満々ですね。そして日本はいいカウンターを見せました」

――林大地のクロスがフリーの遠藤に通ったのですが、シュートをミートできませんでした。

「決めるより外す方が難しかったけど……」

1 2 3 4 5

新着記事

↑top