リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。今回は35歳以上の選手を対象としたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

20位:今ではすっかりDFに

ヤング21
【写真:Getty Images】

DF:アシュリー・ヤング(元イングランド代表/アストン・ヴィラ)
生年月日:1985年7月9日(36歳)
市場価格:100万ユーロ(約1.2億円)
20/21リーグ戦成績:26試合出場/1得点4アシスト(インテル)


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 プロデビューの地ワトフォードでブレイクを果たし、その後マンチェスター・ユナイテッドやインテルといったビッグクラブでのプレーを経験。イングランド代表にも度々名を連ねており、2018年ロシアワールドカップではベスト4進出に貢献していた。現在は古巣アストン・ヴィラに復帰し、若手に負けじとボールを追いかけ続けている。

 プロデビュー当初のポジションはウイングだった。ジャマイカ人の父をもつだけあって「スピード」が水準以上で、右足から放たれるボールの質も極めて高い。とくに左サイドから鋭くカットインし、ハイクオリティーなミドルシュートでGKに襲い掛かるスタイルは相手にとって大きな脅威となっていた。

 しかし、ユナイテッド時代にサイドバックへとコンバートされてからは、同ポジションでの起用がメインとなった。豊富な運動量を駆使して上下動を繰り返し、正確なキックで攻撃をサポートしている。ただ「空中戦」に強くなく、軽い対応からピンチを招いてしまうこともしばしば。このあたりはウィークポイントとなっている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top