横浜FCの新守護神ブローダーセンが語る底なしの日本愛「もっと日本を知り、日本人に近づきたい」【インタビュー】

2021年09月23日(Thu)10時00分配信

text by 舩木渉 photo Getty Images, Zoom
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

 移籍加入時のコメントに「任天堂、ゴジラ、サムライ」。今年7月にドイツ2部のザンクトパウリから横浜FCにやってきたGKスベンド・ブローダーセンが示した日本への愛着は、大きな話題を呼んだ。ドイツ代表として出場した東京五輪終了後、さっそく新天地のピッチ上でチームに欠かせない存在となっているブローダーセンに単独インタビューを行い、溢れる日本愛を存分に語ってもらった。(取材・文:舩木渉)

来てみてわかった日本の魅力

スベンド・ブローダーセン
【写真:Zoomインタビューのスクリーンショット】

――お忙しいなか、インタビューの時間を取っていただきありがとうございます。今日はよろしくお願いします。

「よろしくお願いします。はじめまして、スベンドです」

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


――日本語、すごくお上手ですね。すでにひらがなやカタカナは読めるそうですが、もうだいぶ日本語を喋れるようになってきましたか?

「ちょっとね。話せます。ムズカシイね(※ここまですべて日本語で回答)」

――東京五輪から数えると来日してから2ヶ月強になります。日本での生活、Jリーグでの日々はいかがですか?

「ヨーロッパやドイツとはだいぶ違いますが、日本での生活はとても楽しいです。僕は電車に乗るのが好きなんですが、いつも時間に正確に電車が来るのはヨーロッパと大きな違いですね。あとは公衆トイレも、ヨーロッパだとお金を払って利用しなければいけないですが、日本では無料で、しかもきれいです。とても快適に過ごせています。日本のみなさんはとても親切で、英語などを使ってコミュニケーションをとろうとしてくれるので、ありがたく感じています」

――確かにドイツの電車はなかなか時間通りにこないですよね…。

「ドイツの電車はダメダメですよね(笑)。なので、日本の電車や交通システムの信頼を置ける点は、すごく好きなところです。ドイツの場合は街を歩いていても、公衆トイレを使っても汚いところが多いですが、それに比べて日本はあらゆる場所がとてもきれいなことに感心しています。日本に来て改めて、ドイツが汚いんだということを思い知らされました(笑)」

――横浜FC加入時のコメントを読んでも、日本好きなことがよく伝わってきました。日本に興味を持つきっかけはなんだったのでしょうか。

「ドイツとは全く違う環境ですが、電車に乗っても、庭園に行っても、日本の美しさや『わび・さび』を感じています。どこも雰囲気はパーフェクトですね。今はあまりやっていないですが、子どもの頃から任天堂のゲームをやったり、いろいろな日本のアニメを見たりしていました。それも日本の文化に触れ、興味を持つきっかけでした。

今は日本語を勉強していて、その響きも素晴らしいと感じています。もっと学んで、昔見ていたアニメをドイツ語ではなく日本語で見るのが目標です。立ち止まって街の標識などを見てみると全く別の惑星に来たように感じることもあるので、さらに日本を好きになっています」

1 2 3 4 5 6

新着記事

↑top