最高額の日本人は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング6~10位。輝きを失った天才は約38億円ダウン…。 Jリーガー最高額となったのは… 【2021最新版】

2021年10月06日(Wed)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高い日本人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※市場価値、成績は10月4日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

10位:欧州で覚醒したストライカー

1001-鈴木
【写真:Getty Images】

FW:鈴木優磨(日本/シント=トロイデンVV)
生年月日:1996年4月26日(25歳)
市場価格:350万ユーロ(約4.2億円)
20/21リーグ戦成績:34試合出場17得点4アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 鹿島アントラーズユース出身の鈴木優磨は、2015年にトップチームデビュー。翌年スタメンに定着すると、リーグ優勝と天皇杯優勝の2冠に貢献した。さらに2018年には悲願のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝に貢献。全14試合にスタメン出場し、2得点5アシストを記録した鈴木優磨は大会最優秀選手に選出された。

 4シーズン目となる2018年には32試合に出場し、11得点10アシストを記録。自身初のシーズン2桁得点2桁アシストを記録した。日本代表選出はなかったものの、22歳にしてJリーグを代表するストライカーに成長した鈴木優磨は、翌年ベルギーのシント=トロイデンVVに移籍。欧州初挑戦を果たした。

 初年度の19/20シーズンは怪我により出遅れたが、復帰するとすぐにスタメンに定着。24試合に出場し7得点を決めた。そして昨季、シント=トロイデンVVの主力となった鈴木優磨は覚醒。リーグ戦全34試合にスタメン出場し、シーズン17得点を決める活躍で欧州の複数クラブから関心を集めた。今夏には他のクラブへの移籍を望んだが実現せず、クラブに残留。今季も昨季同様の活躍をすることができれば、来夏には欧州五大リーグへの移籍が実現するかもしれない。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top