日本代表は12日、カタールワールドカップ・アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦し、2-1で勝利した。この試合中、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)

「東京五輪のメキシコ戦と同じ」

2021-10-12-japan_getty
【写真:Getty Images】

――日本代表は最終予選3試合で2敗を喫してしまい、もう負けられない状況になりました。オーストラリア代表戦の先発が発表されましたが、中盤には遠藤航に加えて、守田英正、田中碧が起用されましたね。

「4-3-3はより攻撃的に見えますね。それに加えて、中盤のバランスは良さそうです。立ち上がりから積極的なプレーが見たいですね!」

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


――立ち上がりから目が離せないですね。

「立ち上がりは重要です。受け身のようなスタートをするようだと、この試合は勝てないと思います。今日勝たなければストレートで進出(2位以内)することができなくなりそうなので、僕も緊張しています(笑)。絶対に勝たなきゃ!」

――国歌斉唱では、森保一監督の目に涙が見えました。

「そのパッションはいいですね」

――試合が始まりました。スタートからチャンスを作っていますね。

「選手も熱いスタートだね! このテンションをキープしてほしいですね! そして先制点をすぐに奪ってほしい」

――田中碧が決めました! 難しい角度でしたが、完璧なコースに蹴りましたね!

「冷静に決めてくれたね。今日のチャンスを活かしてくれてよかったです」

――チームが積極的にプレーした結果ですね。

「その通りですね。東京オリンピックの(グループステージの)メキシコ戦と同じく、積極的なスタートで主導権を握った。この後もポジティブなサッカーを続けてほしい」

1 2 3 4 5

新着記事

↑top