億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で移籍金の高い歴代日本人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※移籍金は11月2日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

15位:日本が誇る天才

1104-小野
【写真:Getty Images】

MF:小野伸二(元日本代表/北海道コンサドーレ札幌)
生年月日:1979年9月27日(42歳)
クラブ:浦和レッズ→フェイエノールト
移籍日:2001年7月1日(当時21歳)
移籍金:550万ユーロ(約6.6億円)


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 日本が誇る天才、小野伸二は世代別代表で活躍すると高校卒業後に浦和レッズに加入。同年に行われたAFCユース選手権(現U-20アジアカップ)決勝進出に貢献。準優勝ながら大会MVPを獲得した。この活躍により1998 FIFAワールドカップに出場する日本代表に選出され、グループリーグ第3節のジャマイカ戦では、中田英人との交代で日本代表最年少出場を果たした。

 翌年のFIFAワールドユース選手権(現FIFA U-20ワールドカップ)では、黄金世代のキャプテンとして準優勝に貢献。さらに、2001年に行われたFIFAコンフェデレーションズカップでも準優勝に貢献と、世界相手に目覚ましい活躍を見せた小野は、同年7月に550万ユーロ(約6.6億円)でオランダのフェイエノールトに移籍を果たした。

 オランダでのこの男の活躍は有名だろう。加入後すぐにスタメンの座を掴むと、華麗なテクニックで欧州を無双。UEFAカップ(現UEFAヨーロッパリーグ)では、ドルトムントとの決勝戦で1アシストの活躍を見せ、優勝に貢献した。その後は、怪我に悩まされながらもチームを牽引。小野の約6年に渡るフェイエノールトでの活躍は、クラブの歴史に名を残し、世界に認められた。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top