FC東京粉砕のマリノス、8点差勝利はJ1最多タイ記録。ホームではリーグ史上初

2021年11月06日(Sat)18時40分配信


Tags: , , , , , , , , ,

横浜F・マリノス
横浜F・マリノス



【横浜F・マリノス 8-0 FC東京 J1第35節】

 明治安田生命Jリーグ第35節の横浜F・マリノス対FC東京戦が6日に行われ、ホームの横浜FMが8-0で勝利を収めた。8点差での勝利はJ1のリーグ記録に並ぶ最多得点差勝利となった。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 横浜FMは開始10分で先制点を奪うなどFC東京を圧倒し、前半のうちに4得点。退場者を出した相手に対して攻撃の手を緩めず、前田大然のハットトリックなどで計8ゴールを奪って大勝を飾った。

 J1で1チームが8得点以上を決めた試合は、29年間の歴史でわずか7回目。1998年にはジュビロ磐田がセレッソ大阪にアウェイで「9-1」の勝利を収めたことがあり、今回はその記録にあと1点届かなかった。

 8得点が記録されたのは今回で6回目となったが、そのうち3回が横浜FMによるもの。2007年の横浜FC戦にはホームで「8-1」、2018年のベガルタ仙台戦にはアウェイで「8-2」の勝利を収めていた。

 1999年には名古屋グランパスが浦和レッズにホームで「8-1」の勝利。2003年には大分トリニータがヴィッセル神戸に、2019年には北海道コンサドーレ札幌が清水エスパルスにそれぞれアウェイで「8-0」の勝利を飾った。8点差での勝利はリーグ最多タイ記録であり、ホームでの8点差勝利は今回の横浜FMがJ1史上初となった。

 J2以下も含めると、過去に二桁得点が記録された例がわずか1度のみ存在する。2019シーズンJ2の最終節、柏レイソルが京都サンガF.C.に対してオルンガの8得点などで「13-1」という歴史的大勝を飾った試合だ。

【了】

新着記事

↑top