最高額のJリーガーは誰だ? サッカー選手市場価値ランキング86~90位。5億円ダウンも…再上昇の可能性を秘めるスペイン人MFは…【2021最新版】

2021年12月24日(Fri)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高い Jリーガーは誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※市場価値は11月30日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠


90位:昇格組で奮闘した大型FW

202112023_柿田_getty

【写真:Getty Images】

FW:垣田裕暉(日本/徳島ヴォルティス)
生年月日:1997年7月14日(24歳)
市場価格:90万ユーロ(約1億円)
2021リーグ戦成績:36試合8得点2アシスト


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 鹿島アントラーズOBの垣田健を父に持つ垣田裕暉は、ジュニアユース時代から鹿島で育成された。2016年にトップチームに昇格し、同シーズンの公式戦で5試合に出場した。

 2017年シーズンからはツエーゲン金沢へと期限付き移籍し、3年間チームの得点源として活躍。2020シーズンからは徳島ヴォルティスへと期限付き移籍先を変更し、1年目はJ2で得点ランキング3位となる17ゴールを決め、チームをJ1昇格へと導いた。J1昇格後も徳島に期限付き移籍期間延長という形で残留。1年でJ2への降格となってしまったが、2021シーズンはチームトップの8ゴールを記録した。

 こうした経歴を持つ垣田の市場価値は、現在が自己最高額となる90万ユーロ(約1億円)となっている。187cmという身長を活かしたポストプレーは、J1の舞台でも十分に通用しており、来季は5シーズンぶりに鹿島に復帰するのか、それとも他のクラブへと移籍するのか、今後の去就にも注目が集まる。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top