日本の希望! 最強の逸材5人。パリ五輪世代のエース、日本屈指の超逸材とは?

2022年01月07日(Fri)7時00分配信

シリーズ:最強の逸材
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

キリアン・ムバッペやアーリング・ハーランドを筆頭に、世界には数々の若きスター選手が存在する。既にトップチームで頭角を現し、世界中に認知されている選手もいるが、まだまだこれから出てくる逸材も数多くいる。ここでは、今まさに頭角を現しつつある若手選手をピックアップ。今回は20歳以下の選手を対象に日本の逸材5人を紹介する。(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

日本のホープ

0106-藤田
【写真:Getty Images】

MF:藤田譲瑠チマ(U-23日本代表/横浜F・マリノス)
生年月日:2002年2月16日(19歳)
昨季リーグ戦:28試合1得点1アシスト(徳島ヴォルティス)
市場価値:50万ユーロ(6000万円)


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ナイジェリア人の父と日本人の母の間に生まれた藤田譲瑠チマは、ジュニアユースから東京ヴェルディに在籍。2019年8月にトップチームに2種登録されると、11月に行われたJ2リーグ第41節の徳島ヴォルティス戦でトップチームデビューを果たした。

 同年に行われたU-17W杯に出場した藤田は、2020年に正式にトップチームに昇格。同シーズンの開幕戦でフル出場を果たすと、そのまま定位置を確保し、リーグ戦41試合に出場した。凄まじいスピードで成長するこのMFは、2021年1月に徳島ヴォルティスに移籍すると、東京五輪直前合宿のトレーニングパートナーにも名を連ねた。

 豊富な運動量や的確なパススキルだけでなく、高いサッカーIQと戦術理解度を持ち合わせる藤田は、徳島でも開幕からレギュラーに定着。昨季はリーグ戦28試合に出場し、第36節のFC東京戦では豪快なJ1初ゴールを突き刺した。パリ五輪世代の中心となり得るこのMFは、さらなるステップアップとして昨季リーグ2位の横浜F・マリノスへの移籍を果たしている。日本のホープとも呼べるこの男のプレーから目が離せない。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top