史上最高額の日本人は誰だ? サッカー選手歴代市場価値ランキング31~35位。クラブに心を捧げたレジェンド、”ボンバー”と呼ばれた最強DFとは?

2022年01月12日(水)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で、最も高い市場価値を記録した日本人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した最高市場価値ランキングを紹介する。※所属クラブは当時、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

35位:プロデビューからわずか2ヵ月で…

0111-奥川
【写真:Getty Images】

MF:奥川雅也(ザルツブルク)
最高市場価値:400万ユーロ(約4.8億円)
更新日:2020年7月22日(当時24歳)


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 京都サンガF.C.の下部組織出身の奥川雅也は、2015年5月に行われたJ2リーグ第12節のFC岐阜戦でトップチームデビュー。第17節の大分トリニータ戦でプロ初ゴールをマークすると、デビューからわずか2ヵ月でオーストリアのザルツブルクに移籍を果たした。

 ザルツブルクに加入後はローン移籍に出されたが、奥川は移籍先で定位置を確保。各クラブで結果を残し、2019/20シーズンからザルツブルクに復帰した。同シーズンの開幕戦で初ゴールを決めると、第2節以降はスタメンに定着している。怪我による離脱もあったが、リーグ戦23試合で9得点6アシストをマーク。リーグ優勝に貢献すると国内カップも優勝を果たし、シーズン2冠を達成。シーズン終了後には最高額となる400万ユーロ(約4.8億円)を記録した。

 翌シーズンは出場機会が減少したが、2020年11月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループリーグ第3節のバイエルン・ミュンヘン戦でCL初ゴールをマーク。前大会王者から貴重な同点ゴールを決めた奥川は、その後2021年1月にドイツのアルミニア・ビーレフェルトに加入し、欧州5大リーグへ移籍を果たした。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top