Jリーグ組だけでサッカー日本代表を組んだら…。19歳から37歳までが融合した23人のメンバーとは!?【英国人の視点】

2022年04月27日(Wed)8時00分配信

シリーズ:英国人の視点
text by ショーン・キャロル photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,


Jリーグ 最新ニュース

FIFAワールドカップカタールの組合せも決まり、開幕まで7か月を切った。サッカー日本代表は海外組が多数を占めているが、Jリーグにも素晴らしい選手たちがいる。2009年から日本サッカーを広く取材し続けるイングランド人ジャーナリストのショーン・キャロル氏が、独自の視点から23人の日本代表Jリーグ選抜を選出した。(文:ショーン・キャロル)


Jリーグ組だけでサッカー日本代表を組むと…

菊池流帆、家長昭博、鈴木優磨
【写真:Getty Images】

 日本代表内での海外組の存在感の強さは盛んに話題となっている。ワールドカップ本大会の出場メンバー全員が欧州でプレーする選手たちで占められるようになるのも間違いなく時間の問題だろう。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 だが、もし国内の選手たちのみでサムライブルーのメンバーを組んだとすれば、世界の舞台でどれほど戦うことができるのだろうか。2022年EAFF E-1サッカー選手権が、中国の開催辞退により日本で開催されると先日発表されたこともあり、そんな考えが頭に浮かんだ。

 あくまで仮想の話ではあるが、Jリーグのピッチ上で毎週戦っている選手たちの中にもまだまだ優れたタレントは多い。新たな才能も頭角を現しているし、経験豊富なベテランもいる。今回は、もしカタール大会に出場すれば十分に戦えるのではないかと思える23人のメンバーを選んでみた。森保一監督の実際の構想に含まれる可能性が高い選手たちは、この「ショーンのサムライ選抜」には含めていない。

1 2 3 4 5 6

新着記事

↑top