横浜F・マリノス、最強の助っ人は誰だ!? 歴代外国人得点ランキング1~10位。ラモン・ディアスからマルコス・ジュニオールまで、各時代を彩った男たち

2022年05月04日(Wed)11時00分配信

シリーズ:Jリーグ歴代外国人得点ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,


横浜F・マリノス 最新ニュース

Jリーグでは、これまで様々な外国籍選手がプレーしてきた。横浜F・マリノスでも、多くの外国人選手がクラブの歴史に名を残している。今回は、横浜F・マリノスでプレーした外国籍選手の中から、所属時の得点ランキングを紹介する。※2021シーズンまでのJリーグ通算成績

20210410_yfm6-10_getty
【写真:Getty Images】


7~10位

 Jリーグが始まった当初はアルゼンチン人選手の活躍が目立った横浜F・マリノスだが、その後は様々な国から優秀な助っ人を迎えた。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】


 元韓国代表のユ・サンチョルは6位にランクイン。主に守備的MFを務めたが、GK以外はどこでもこなせるユーティリティ性で前線としてもピッチに立ち、30ゴールを記録した。

 近年に所属した選手では、エリキとウーゴ・ヴィエイラがランクイン。エリキは2019年8月に加入し、同シーズンに12試合8得点を記録。マリノスのリーグ優勝に大きく貢献している。

10位:フリオ・セサル・バルディビエソ(ボリビア)

生年月日:1971年12月2日
Jリーグ通算成績:54試合/19得点
在籍時期:1997-98

9位:エリキ(ブラジル)

生年月日:1994年7月18日
Jリーグ通算成績:41試合/21得点
在籍時期:2019-20

8位:ウーゴ・ヴィエイラ(ポルトガル)

生年月日:1988年7月25日
Jリーグ通算成績:59試合/23得点
在籍時期:2017-18

7位:ユ・サンチョル(韓国)

生年月日:1971年10月18日
Jリーグ通算成績:80試合/30得点
在籍時期:1999-00, 2003-04

1 2 3 4 5 6 7

新着記事

↑top