「1-0なのに満足していた」川崎フロンターレ、連覇した過去2年との最大の違いは? 痛恨ドローで遠のく首位【コラム】

2022年06月26日(Sun)10時05分配信

シリーズ:コラム
text by 元川悦子 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

川崎フロンターレ 最新ニュース

明治安田生命J1リーグ第18節、川崎フロンターレ対ジュビロ磐田が25日に行われ、1-1の引き分けに終わった。川崎は直近5試合で1勝しかできず、首位との差は拡大。連覇という快挙を成し遂げた過去2シーズンとは違い、苦しい戦いを強いられるケースが増えている。(取材・文:元川悦子)


2つのタイトルを失った川崎フロンターレ

0626Kawasaki1_getty
【写真:Getty Images】

 6月の国際Aマッチデー(IMD)直前のサガン鳥栖、湘南ベルマーレ、京都サンガとの3連戦を未勝利で終えた川崎フロンターレは、16戦終了時点で3位に転落していた。それでも、中断明け直後の6月18日のコンサドーレ札幌戦を5-2で勝ち、リーグ4試合ぶりの勝ち点3を手にしている。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】


 これで安堵したのもつかの間、直後の22日の天皇杯3回戦で格下・東京ヴェルディにまさかの不覚を取ってしまった。

「(鬼木達)監督は『目指すタイトルはハッキリしている』と言っていた。そこに向けてみんなで準備してきましたし、勝つための気持ちでのぞもうと切り替えました」と長期離脱から復帰した大島僚太が語気を強めた通り、天皇杯とAFCチャンピオンズリーグを失った彼らに残されたのは、J1とYBCルヴァンカップしかない。とりわけJ1は2020・2021年に圧倒的強さで連覇しているだけに、このタイトルだけは絶対に死守したかった。

 そういう意味でも、25日のジュビロ磐田戦は極めて重要だった。本拠地・等々力競技場で白星は必須。強い気迫と闘争心を、川崎は序盤から強く示そうとした。

 実際、前半はハーフコートゲームと言ってもいいような内容だった。アンカーに大島が入ったことでパス出しの起点が生まれ、緩急の変化をつけながら長短のパスで敵を攻略する。彼と脇坂泰斗、遠野大弥の中盤のトライアングルもうまく機能し、川崎らしいボール支配ができていた。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top