サッカー日本代表 最新ニュース

 世界中の選手やサポーター、専門家が4年に1度開催されるサッカーFIFAワールドカップの開催を心待ちにしている。サッカー界の環境も、それぞれの代表チームのメンバーも、各選手のコンディションも4年の間に大きく変化している。また、注目選手も大会によって変わり、新たなスターを発掘、発見する場にもなっている。今回は過去のワールドカップを通して世界に名を知らしめた日本代表を5人紹介する。

 日本代表は2022年のワールドカップカタール大会の出場権を獲得し、グループリーグでドイツ代表、コスタリカ代表、スペイン代表と対戦する。サッカーは観戦だけでなく、賭けることで楽しさが倍増する。対戦相手を知り、楽しむためにもボンズカジノ ボーナスコードを使って、お得なボーナスアドバンテージを獲得しよう。(文:Johnnybet)[sponsored content]


MF:乾貴士

乾貴士
【写真:Getty Images】

出場大会:ロシア大会(2018年)

 乾貴士の活躍は記憶に新しいだろう。2009年に日本代表デビューした乾は、ドイツ、スペインでのプレーを経験し、2018年のロシア大会でワールドカップ初出場を果たす。そして、この大会で乾は4試合で2得点を挙げて日本代表のベスト16進出に貢献した。

 特にラウンド16のベルギー代表戦で決めた無回転ミドルシュートは圧巻だった。鋭いシュートに加え、チャンスを生み出すパスや創造性が高く評価され、大会後にはFIFAが選ぶ「ライジングスター」に選出され、『テレグラフ』紙が選ぶ同大会で活躍した50人の1人としても名を連ねている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top