英国人が見たサッカー日本代表対カナダ戦「久保建英の意図は…」「ドイツ戦の1トップは…」

2022年11月18日(金)1時30分配信

シリーズ:英国人が見た○○戦
text by 編集部
タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース

サッカー日本代表は現地時間17日、UAEで行われた国際親善試合でカナダ代表と対戦し、1-2で敗れた。FIFAワールドカップカタール直前に行われたこの試合中、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)


「本大会直前の試合で願うことは1つ」


【写真:Getty Images】

――いよいよワールドカップ前最後の試合となります。遠藤航や三笘薫など、欠場している選手もいる中でのゲームとなります。

「本大会直前の試合で願うことは1つ。No ケガ!」

【カタールW杯の結果を予想して当選金をゲット!
1試合予想くじ「WINNER」の無料会員登録はこちら!】


――ケガだけは避けたいところですね。日本代表の11人に期待したいことや、しなければいけないことはどんなことでしょうか。

「基本的に今日の結果は大事じゃない。もしベストメンバーで戦って完敗したり、ケガ人が出たら初戦に影響するからね。リザーブの選手でいくのはある程度理解できます」

「あとは、今日起用された選手も本番でプレーする場面が必ず出てくるので、コンディション的にもプラスに働きますね」

――試合が始まりました。久保建英が左で、相馬勇紀が右ですね。

「カットインする狙いがありそう」

――柴崎の浮き球のパスから、相馬が先制ゴールを決めました!

「日本らしくないダイレクトな攻撃から生まれましたね! パスは完璧だし、相馬も冷静に決めてくれました」

――相馬と柴崎は本番でもオプションになり得る選手ですね。

「頼もしい選手だし、ベンチからインパクトを残せるタイプですね」

1 2 3 4 5

新着記事

↑top