遠藤航が強調する「2つの判断」。サッカー日本代表、「特にドイツ対策というのはない」【コラム】

2022年11月22日(火)10時00分配信

シリーズ:コラム
text by 元川悦子
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース

サッカー日本代表は23日、FIFAワールドカップカタール・グループリーグでドイツ代表と対戦する。脳震とうの影響で別メニューが続いていた遠藤航もチームに復帰。来る決戦へのイメージを膨らます日本代表のキーマンは、ドイツ代表と対峙する上で「2つの判断」の重要性を説く。(取材・文:元川悦子【カタール】)


サッカー日本代表に帰ってきた遠藤航


【写真:Getty Images】

 11月20日に開幕したカタールワールドカップ(W杯)も2日目に突入。カタール代表がエクアドル代表に0-2で苦杯を喫したのに続き、イラン代表もイングランド代表に2-6で大敗とアジア勢は序盤から苦戦が続いている。

【カタールW杯の結果を予想して当選金をゲット!
1試合予想くじ「WINNER」の無料会員登録はこちら!】


「アジアと欧州・南米のレベル差はまだまだあるかなと思いますけど、こういう大会は本当に何が起こるか分からない。先輩と話していても、『最後に気持ちが強いチームが絶対に試合をモノにできる』と。それは僕自身も感じてます。だからこそ、僕らにもチャンスがあると思ってます」

 浅野拓磨はこう語気を強めていた。その言葉通り、日本代表は他のアジア勢とは異なるスタートを切る必要があるのだ。

 重要な初戦・ドイツ代表戦は明日23日に迫っている。左ふくらはぎ違和感で別メニュー調整を強いられていた守田英正が、21日の冒頭のトレーニングに復帰。ようやく26人全員が揃ったのは朗報と言える。

 彼とともに17日のカナダ代表戦を回避した遠藤航も19日から全体練習に完全合流。「違和感とかは特にない。基本的にはもう問題ないです」と断言するほどコンディションが上がってきた様子だ。

 遠藤・守田不在のボランチ陣をどうするかというのは、ここまでの重要テーマだっただけに、まずは主軸の1人がピッチに立てるメドが立ったのは大きなプラス要素。森保一監督もまずは安堵しているはずだ。

 そのうえで、遠藤と誰が組むかが、1つの注目点になってくる。

1 2 3 4

新着記事

↑top