Jリーグ補強評価ランキング【浦和レッズ】残る不安とは? 前線テコ入れ、タイトル争いに加わる?

2023年01月30日(月)20時30分配信

シリーズ:Jリーグ補強評価ランキング
photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , ,

Jリーグ 最新ニュース

浦和レッズ

 例年よりも長いオフを経て、明治安田生命J1リーグは2月17日に開幕を迎える。オフの間に去る選手もいれば、新たに加入した選手もいるが、果たしてどのクラブが最もパワーアップに成功したのだろうか。全18クラブの補強を精査して相対的に評価し、昨季からの変化を5段階(A~E)で格付けする(情報は1月29日時点)。


補強評価:B
昨季順位:9位


【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 浦和レッズはリカルド・ロドリゲス監督と袂を分かち、マチェイ・スコルジャ監督を招へいした。その影響もあってか新戦力獲得の動きは遅く、新シーズンに向けては不安が残る。1月に入ってから岩波拓也が海外クラブとの移籍交渉に向けてチームを離れ、マリウス・ホイブラーテンの獲得が発表された。犬飼智也が復帰すれば、センターバックはまずまずの陣容となるだろう。

 サイドバックには京都サンガから復帰した荻原拓也が入ったことで、よりハイレベルな競争が生まれそうだ。左には荻原と大畑歩夢、右には酒井宏樹、両サイドできる馬渡和彰と一列前でもプレーできる明本考浩が2つの枠を争う。中盤のメンバーに大きな変化はない。岩尾憲が完全移籍に切り替わり、飛躍のシーズンを送った伊藤敦樹、成長著しい安居海渡も控え、平野佑一や柴戸海が出場機会を得られない可能性があるくらいの層の厚さになっている。

 一方で攻撃陣にはテコ入れを図った。江坂任とキャスパー・ユンカーが抜け、興梠慎三が復帰、ロアッソ熊本で昨季14得点を記録した髙橋利樹が加わった。さらに松尾佑介が海外移籍することになれば痛手だが、ブライアン・リンセン、ダヴィド・モーベルク、アレックス・シャルクら外国籍選手が残っており、枚数は揃っている。スコルジャ監督の目指す形にフィットする選手が見つかれば、十分にタイトルを争えるだけの戦力ではある。

 昨季は9位に終わったとはいえ、大畑や伊藤の活躍など、今季につながるポジティブな要素があった。そこに荻原、髙橋らが加わってチームが活性化すれば、上位を争う戦力になるはずだ。

浦和レッズ 移籍情報2022/23 新加入・昇格・退団・期限付き移籍・現役引退

【了】

新着記事

↑top