Home » サッカー最新ニュース » Jリーグ能力値ランキング【大迫敬介】早熟の守護神! みるみる成長する若き逸材

Jリーグ能力値ランキング【大迫敬介】早熟の守護神! みるみる成長する若き逸材

2023年05月22日(月)21時30分配信

シリーズ:Jリーグ能力値ランキング
photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , ,

Jリーグ 最新ニュース

 明治安田生命Jリーグには、様々な特徴を持つ選手が活躍している。サッカーという競技の特性上、彼らの能力を数値化するのは極めて困難であることを承知の上で、フットボールチャンネルでは今季のスタッツを中心に様々なデータを集計し、5項目の能力に分類して数値化してランキングで紹介する。(5月1日時点でリーグ戦の出場時間が450分以上の選手が対象。データは18日時点)


4位:大迫敬介


【写真:Getty Images】

所属クラブ:サンフレッチェ広島
生年月日:1999年7月28日
今季リーグ戦成績:12試合10失点


【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 今後の日本代表を担う活躍が期待される大迫敬介も素晴らしいパフォーマンスを見せている。サンフレッチェ広島のアカデミー出身で、プロ2年目に正GKに定着した。19歳で日本代表デビューを果たし、今季開幕節では23歳にしてJ1通算100試合出場を達成している。

 シュートを止める能力の高さが大迫の特徴だ。シュートに対する準備に余念がなく、単にセーブ率が高いだけではなく、キャッチ率も高いため「ハンドリング」は高い数値となった。クロス対応にも長けており、クロスのキャッチ率やパンチング率はいずれもリーグ上位のスタッツを残している。

 広島の1試合平均の被シュート数はリーグ最少の7.4本で、被シュート機会が多ければ「ハンドリング」や「セーブ」の数値は上がっていたかもしれない。ただ、ディフェンスラインの高い広島では「カバーリング」も重要な仕事の1つ。課題だったビルドアップの質も年々向上しており、大きな穴のなく総合力の高いGKへと成長している。

【関連記事】
Jリーグ最強GKは誰だ!? 能力値ランキング1~10位
Jリーグ最強GKは誰だ!? 能力値ランキング1位
Jリーグ最強GKは誰だ!? 能力値ランキング2位

【了】

新着記事

↑top