フットボールチャンネル

海外サッカー 9か月前

未来のスター! 欧州下部組織でプレーする日本人選手10人。将来のサッカー日本代表候補たち

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

MF:中井卓大(なかい・たくひろ)


【写真:Getty Images】

生年月日:2003年10月24日(19歳)
所属クラブ:レアル・マドリード・カスティージャ(スペイン)

 才能のある選手たちが世界中から集められているレアル・マドリードのカンテラ(下部組織)で、将来を嘱望されている日本人がいる。それが、“ピピ”の愛称で親しまれている中井卓大だ。9歳でマドリーに加入した中井はそれ以来、厳しい競争の中に身を置きながら着実にカテゴリーを上げていき、昨季にはセカンドチームにあたるカスティージャに辿り着いた。

 しかし現在、中井はカスティージャで出場機会を得られていない。スペイン3部でのプレーは途中出場の2試合のみで、合計の出場時間はわずか5分のみ。カスティージャを率いているラウール・ゴンザレス監督の下、激しい中盤のポジション争いの中で、中井は厳しい状況に立たされている。

 ただ、卓越したボールテクニックや優れたプレービジョンを持ち、身長も182cmまで伸びるなど、技術的にも体格的にも特別なポテンシャルを秘めているのは確か。マドリーでのトップチーム昇格は一握りの選手たちにしか許されない厳しいハードルだが、なんとか現状を打破し、世界最強クラブで栄光を掴んでもらいたい。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top