Home » 海外サッカー » 未来のスター! 欧州下部組織でプレーする日本人選手10人。将来のサッカー日本代表候補たち

海外日本人選手 最新ニュース

 欧州トップレベルでプレーする日本人選手が多いが、それと同じくらいに欧州下部組織でプレーする日本人選手も多い。Jリーグでのプレーを経験することなく海を渡る選手、幼少期から海外で過ごす選手ともちろん経歴は様々だ。今回は、欧州クラブの下部組織に所属する日本人選手10人を紹介する。


DF:髙橋仁胡(たかはし・にこ)


【写真:Getty Images】

生年月日:2005年8月17日(17歳)
所属クラブ:バルセロナU-19(スペイン)


【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 数々の世界的名手を生み出してきたバルセロナのカンテラ(下部組織)で、現在1人の日本人選手が奮闘している。それが、17歳の髙橋仁胡だ。アルゼンチン人の父と日本人の母の間に生まれ、今日に至るまでスペインで育ってきた同選手は、2019年にバルセロナの一員に。その後順調にカテゴリーを上げていき、現在はU-19チームに所属している。

 同じバルセロナの下部組織出身で、トップチームでも長く活躍したジョルディ・アルバが憧れと話す通り、髙橋は攻撃的な左サイドバックだ。スペインの名門に身を置いているだけあって足元のテクニックやキック精度が高く、17歳ながらボールを持った際はベテランのような落ち着きを見せる。また、オフ・ザ・ボール時の動きにも長けているなど、あらゆる場面で攻撃に変化をもたらす存在だ。

 その髙橋は、U-20サッカー日本代表に飛び級で招集されている。今年3月のAFC U-20アジアカップと同5月のU-20ワールドカップの両舞台で主力としてピッチに立ち、年上の選手たちに囲まれながらも恐れることなく、積極的なプレーで左サイドを活性化させていた。バルセロナの先輩である久保建英のように、いずれは髙橋も欧州トップレベル、そしてA代表で活躍してほしいところだ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top