フットボールチャンネル

Jリーグ 8か月前

希望の光! 大怪我から復活した日本人10人。齊藤未月も続け! 絶望の淵から帰ってきた男たち

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

梶山陽平


【写真:Getty Images】


生年月日:1985年9月24日
主な在籍クラブ:FC東京、パナシナイコス(ギリシャ)、大分トリニータ、アルビレックス新潟

 梶山陽平もまた、怪我に泣かされた選手の1人だった。FC東京の下部組織出身で、高校3年次から2種登録選手として出場していた。1年目からリーグ戦16試合、2年目は26試合と順調に数字を伸ばしていく。2008年には北京五輪に出場し、本田圭佑や香川真司らを差し置いて10番をつけている。

 しかし、怪我との長い戦いが続く。2009年の暮れに左足首と右膝の手術を受けた。13年には海外にも挑戦し、同年夏には大分トリニータへ期限付き移籍する。しかし、ここで古傷に痛みが生じ、11月に右膝関節軟骨損傷のため手術を受けている。

 その後も膝の怪我との戦いは続き、33歳という若さで現役を引退した。晩年は思うようなプレーができなかった時期も長かったが、中盤から放たれる見事なキックや、インテリジェンスを感じさせるプレーの数々は、多くの人々の記憶に残っている。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top