フットボールチャンネル

Jリーグ 8か月前

希望の光! 大怪我から復活した日本人10人。齊藤未月も続け! 絶望の淵から帰ってきた男たち

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

梅崎司(大分トリニータ)


【写真:Getty Images】


生年月日:1987年2月23日
主な在籍クラブ:大分トリニータ、グルノーブル(フランス)、浦和レッズ、湘南ベルマーレ

 大分トリニータ、グルノーブル、浦和レッズ、湘南ベルマーレでプレーしてきた梅崎司の膝には何度もメスが入れられている。1度目は椎間板ヘルニアの手術から復帰間もない2009年11月、練習中に右膝の前十字靭帯を損傷した。翌夏には実践復帰を果たしたが、練習試合で右膝半月板を損傷してしまう。右膝に起きた2度の怪我は、大きなダメージとなった。

 それでも2012年には33試合7得点を記録するなど、完全復活を印象付ける活躍を見せる。しかし、16年8月には試合中に左膝前十字靭帯を損傷。左膝にもメスを入れることとなった。

 翌年7月には復帰を果たし、AFCチャンピオンズリーグ優勝の瞬間をピッチで味わった。しかし、そのシーズン限りで浦和を離れ、湘南ベルマーレに移籍。2020年6月には左膝内側半月板を損傷して手術を受けている。21年7月には古巣大分に復帰し、昨年6月には天皇杯で復帰後初ゴールをマーク。何度でも立ち上がる梅崎の姿は、多くの人々に勇気を与えている。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top