Home » 日本代表 » スペック徹底分析! サッカー日本代表能力値ランキング11〜20位。活躍が期待される男たち » Page 6

スペック徹底分析! サッカー日本代表能力値ランキング11〜20位。活躍が期待される男たち

2023年11月19日(日)9時19分配信

シリーズ:日本代表能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

15位:谷口彰悟(アル・ラーヤン/カタール)

アル・ラーヤンに所属する日本代表DF谷口彰悟
【写真:Getty Images】


生年月日:1991年7月15日
市場価値:150万ユーロ(約2.1億円)
23/24リーグ戦成績:8試合0ゴール0アシスト
日本代表通算成績:23試合1ゴール1アシスト

 長年Jリーグの舞台で戦ってきた谷口彰悟は、今や代表に欠かせない存在となった。ベテランとして若い守備陣に経験を伝え、最終ラインに安定感と安心感をもたらしている。

 いぶし銀の守備職人である同選手は、高いサッカー「IQ」が魅力的だ。身長183cmとセンターバックとしてサイズに恵まれているわけではないが、落下地点の正確な予測で空中戦も苦手としない。経験に裏打ちされた的確な判断で相手FWを自由にさせず、味方選手が空けたスペースのカバーも得意。今季はリーグ戦で、地上戦勝率74%を記録している(データサイト『SofaScore』参照)。

 また、川崎フロンターレ時代から攻撃の起点になるパスの精度には定評があり、ボランチを務めたこともある。相手FWの激しい寄せに遭っても自信をもってボールを持ち続けることができ、スムーズなビルドアップに貢献することが可能だ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top