Home » 海外サッカー » 代表 » 憎きFIFAウイルス。代表チームで負傷したスター10人。過密日程という魔境で苦しむのは…

欧州サッカー 最新ニュース

 所属クラブでの過密日程に加え、IMD(インターナショナルマッチデー)で各国代表の一員として試合をこなす選手が、怪我に苦しむケースが多い。「FIFAウイルス」とも揶揄されるこの問題は、多くの代表選手を擁するチームにとっては死活問題だ。今回は、2023年下半期の代表活動で負傷したスター選手10人を紹介する。


FW:ヴィニシウス・ジュニオール

ブラジル代表ヴィニシウス・ジュニオール
【写真:Getty Images】

生年月日:2000年7月12日(23歳)
所属:レアル・マドリード/ブラジル代表


【欧州CL・ELを観るならWOWOW!
加入月は視聴料が無料。TV・PC・アプリで視聴可能】[PR]


 ブラジル代表のヴィニシウス・ジュニオールは、11月16日に行われたW杯南米予選第5節のコロンビア代表戦で激しいタックルを受け、プレー続行不可能となった。同選手が所属するレアル・マドリードが発表した検査結果によると、左足大腿部二頭筋を断裂したようだ。現在のところ、具体的な復帰時期は明かされていないが、来年2月以降となるだろう。

 ヴィニシウスは、レアル・マドリードの攻撃を牽引する存在であり、昨季はラ・リーガ33試合に出場し、10得点9アシスト、今季はこれまで同リーグ10試合に出場し、4ゴール1アシストをマーク。前述のコロンビア代表戦前に行われた、11月11日のバレンシア戦では、クロスボールに対し胸で押し込むゴールを奪うなど2得点の活躍で5−1の勝利に大きく貢献した。

 レアル・マドリードは、ヴィニシウスの負傷に加え、DFエデル・ミリトンやMFジュード・ベリンガムなどの主要選手が負傷離脱するという、楽観視できない状況に直面している。ヴィニシウスが不在予定の2月初旬までに、レアルはラ・リーガ9試合、UFFAチャンピオンズリーグ2試合、スペインスーパーカップ1試合を戦わなければならない。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top