フットボールチャンネル

日本代表 6か月前

スペック最強は誰だ!? サッカー日本代表能力値ランキング1〜10位。久保建英、三笘薫…トップは?【アジアカップ2023】

シリーズ:日本代表能力値ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

9位:旗手怜央(セルティック/スコットランド)

旗手怜央

【写真:Getty Images】


生年月日:1997年11月21日
市場価値:1100万ユーロ(約15.4億円)
23/24リーグ戦成績:8試合2得点2アシスト
日本代表通算成績:5試合0得点0アシスト

 今季の旗手怜央は怪我に悩まされており、11月と12月の2ヶ月間では1度も公式戦のピッチに立つことができなかった。それでもAFCアジアカップカタール2023の日本代表メンバーに選出されたのは、森保一監督から高く評価されているからに他ならない。本大会ではその期待に応える必要がある。

 旗手は静岡学園出身ということもあってボールを扱う技術が高く、組み立てから崩しまでの幅広い局面で存在感を放つ。身長171cmと小柄ながら「フィジカル」もしっかりしており、ドリブルでの推進力やミドルシュート、守備でのボール奪取などにその力強さが現れている。運動量も抜群に豊富で、90分間攻守においてハードワークを続けられる点も特長だ。

 三笘薫のドリブル、冨安健洋のパワーのように突出した武器こそないかもしれないが、致命的な穴も見つからない。その証拠とも言うべきか「攻撃」、「守備」、「フィジカル」、「IQ」、「スキル」のすべての項目で70以上の数値が出ている。この攻守における万能性が、ウィング、インサイドハーフ、サイドバックなど様々なポジションで安定したプレーを発揮できる要因と言ってもいいだろう。

 アジア杯のような短期決戦では出場停止や怪我などのアクシデントは付きもの。そういった意味でも、日本屈指のユーティリティープレーヤーである旗手がスカッドにいるのは心強い。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!